イギリスで買ったジョンストンズのマフラー

2006年の夏にイギリスへ旅行に行ったとき、すごく寒かったので旅先のショップで買ったマフラーがジョンストンズの物でした。
当時のレートだと、1万円しなかったと思います。私は、首周りにゴワッとしたウール素材やアクリル素材だと首が痒くなり皮膚がただれてきてしまうので、苦手です。
ジョンストンズのマフラーはカシミア100%なので、肌ざわりが良くとても暖かいです。生地の厚みも厚過ぎず、薄くないので丁度いいです。私が持っているマフラーは、一般的なマフラーよりも長いので、首に3周くらい巻けます。色はなんでも合わせやすいようにグレーを選びました。それ以外にチェックのマフラーも(こちらもイギリスで購入しました)持っていますが、グレーの方が使用頻度が高いです。

もう9年使用していますが、くたびれる感じも無く今でもお気に入りです。
グレーのマフラーは長いので、普通に巻くと長すぎてだらしなくなってしまいます。コンパクトにぐるぐる巻きにするか、二つ折にして輪に通す巻き方を普段しています。
使用頻度が高いので、あの時もう何枚か買っておけば良かったと反省しています。今は中々買う事ができないので、大事に使っていきたいと思います。

クロムハーツの偽物と本物の見分け方

世界のセレブや日本の有名タレントも多く所持し、世界を魅了しているクロムハーツですが、その人気や集客率ゆえに偽物やコピー品が多く出回っています。 クロムハーツの偽物、本物の見分けは大変困難で、最近ではコピー技術が驚くほどに向上しているため、プロでもなかなか見極められないというのが現状です。なんと、クロムハーツ正規店のスタッフでさえ、見分けがつかないほど精巧な物も大量に出回っているのです。そこで、これからクロムハーツを購入しようと思っている方に、偽物をつかまされない注意点を何点かご説明しようと思います。 まずひとつめに、インターネットの通販ショップや、ネットオークションなどでは極力買わないことです。やはりできるだけ、クロムハーツの正規店で購入することが一番安全といえます。もちろん、本物を扱っているネットショップやオークションの出品者もいますが、事前の調査が必要になります。 ふたつめに、商品にある刻印をよく観察することです。ネットでは偽物の刻印の画像も多く出回っています。本物と見比べて見るとよく分かりますが、偽物の商品の刻印は浅かったり、深さが一定すぎたりするのです。この手の偽物は、よく観察することによって、見分けることができます。 3つ目に、クロムハーツのネックレス、ブレスレット、ウォレットチェーンなどを購入するに当たり、歴代の共通パーツの特徴や形をよく覚えておくということです。共通パーツは、クリップや留め金部分のことをさします。だいたい、初期・中期・後期で分類されているのでわかりやすいと思います。 以上の点に注意しながらも、やはり正規店での購入をおすすめするのには変わりません。粗悪品をつかまされないよう、細心の注意を払い、選ぶようにしてください。

ジョンストンズのマニアが語るマフラーの巻き方や使い方